2016年8月31日水曜日

続 マリアージュの法則

【おさらい?】
フランスで、ワインと食事を合わせることは「マリアージュ」。
結婚って意味でもあります。

どのワインがどの料理に合うのか?
なかなか難しいですよね。

今日は、たまたま、見かけた3つの法則を記録しますね。


【その1】
<重さのバランスを合わせる>
すっきりした料理には、軽いワインをすすめられることが多いですよね。
これって、料理とワインの重量感を合わせているんだそうです。
これに気をつけることって、けっこうなポイントみたいです。

軽い料理には、軽いワイン。
重い料理には、重いワイン。っていうことです。

それぞれを高め合う。
これが、ワインと料理の組み合わせの理想。
ですので、一方が勝たないよう、バランスに気をつけることが大切なんですって。


【その2】
<色を合わせる>
料理とワインの色を合わせる。
前回も同じことを学びましたが、やっぱり大事なんですね。

白ワインには、白身魚や、豚、鶏のような白身の肉。
赤ワインには、牛や子羊の赤身肉。
ロゼワインには、生ハム、サーモン。

やっぱり、しっくりくる感じがしますよね。

【その3】
<産地を合わせる>
ワインも料理も、その土地の風土に適したものが作られます。
産地が同じだったり、近いもの同士の組み合わせは相性がいいことが多いそうです。

「産地を合わせる」っと言われても…。っと思われるかもしれません。
でも、チーズは意外と合わせられる機会がありそうです。
試してみたいですね。

2016年8月28日日曜日

D’UNICO


【ワイン名】D’UNICO
      ドゥニコ

【ヴィンテージ】2009

【種類】赤

【生産者】Leopoldo I di Toscana

【生産地】Toscana Italy

【ぶどう】Syrah
     Merlot

【香り】芳醇でスパイシー

【色】濃いルビー色

【味】辛口だけどマイルド

【タンニン】4

【酸味】2

【果実味】2

【甘み】3

【ボディ】重め

【Alc】14

【マリアージュしたい料理】牛肉

【格付け】TOSCANA IGT

【購入店】立山酒店

【輸入者】モトックス

【価格】2,090

【My favorite Rank】5


魅惑の…。

ワインが好きで、ワインについて、日々、学びたい!
どこをとってもいとおかし…。

ということで、ワインの魅力について思いつくまま書いてみますね。

1)ボトルの形
2)ボトルの色
3)コルクのデザイン
4)コルクについた香り
5)コルクについた色
6)ワインの色
7)ワインがなくなってきたときのボトルの色
8)ワインの香り
9)ワインの喉ごし
10)ワインの後味
11)グラスに残る香り
12)ボトルに残る香り

ワインは、その時の気分、体調、天候など…、
いろんな条件で味わいが変わるということを実感しています。

ですんで…、
純粋に、ワイン初心者の私にとってなにが大事か?

そ・れ・は…。

まずは、飲むこと(^_^)

そして、

1)読んだこと
2)教えてもらったこと
3)覚えたこと
4)学んだこと
5)ハッと思ったこと

を記憶し、記録することだと思っています。

これからも、きまま〜に、がんばります!

2016年8月27日土曜日

MANON

マノン


【ヴィンテージ】2013

【種類】赤

【生産者】BODEGAS MANO A MANO

【生産地】カスティーリャ・ラ・マンチャ州 , スペイン
     Castilla-La Mancha , Inland Region , Spain

【ぶどう】Tempranillo(テンプラニーリョ/100%)

【香り】スパイシー/柑橘系

【色】薄めの赤紫/ガーネット

【味】ややスパイシー

【ボディ】重め

【Alc】14

【マリアージュしたい料理】

【格付け】VTカスティーリャ

【価格】1,620

【My favorite Rank】4


マリアージュ 4つの法則

【色合わせ】
素材そのものを味わうシンプルな料理の「メイン食材」と「ワイン」の色を合わせる。
同じ色の素材だと、ワインと料理がすんなり合うみたいです。

赤ワインなら「赤身の牛肉」。
白ワインなら「白身の鶏肉や魚」。
ロゼワインなら「ピンク色のサーモン」。


【香り&風味合わせ】
ワインと同じような「香り&風味」を持つ料理を合わせると、ワインの味わいがより深く、ふくらんで感じられるそうです。

「レモンのような風味」を感じたら料理にレモンを少ししぼる。
「ハーブの香り」がしたら、青じそ、バジル、パセリといった香草を料理の上に散らす。
「スパイシーな香り」がしたら、黒コショウをトッピング。

こんなちょっとの工夫で、よりよいマリアージュになるんですって。


【足りないものを補う】
料理にない味わいをワインで補うのもいいみたいです。

「生牡蠣にはレモン」が合うので、それをイメージして、酸味が強めの白ワイン。
「脂っぽい牛肉料理」には、脂っぽさをリセットしてくれるタンニンの効いた赤ワイン。

これまた、ちょっとの工夫でびっくりするほど豊かなマリアージュになるそうです。

足りないものを補い合うって、理想の夫婦って感じですよね。
料理がおいしくなると、食欲もわいてきて、食卓が楽しくなりそうですよね。


【こってり感を合わせる】
意味がわかりにくいかもしれませんが、実はこれは一番実践的なので、ぜひ覚えてくださいね。

1)と2)では、同じ肉料理でも、料理の重さ=「こってり感」が違いますよね。

1)塩やハーブだけで焼いたも
2)焼いた上にクリームソースやグレービーソースをかけたもの

重さに合わせてワインを選ぶと間違いがないと言われています。

さっぱりした料理には軽いワイン。
こってりした料理には重たいワイン。

これって、けっこう納得ですね。

2016年8月26日金曜日

CHATEAU Les Sept Chenes

シャトー・レセットシェーヌ


【ヴィンテージ】2012

【種類】赤

【生産者】SCEA Vignobles Landie

【生産地】Bordeaux , France

【ぶどう】
 Merlot(50%)
 Cabernet Sauvignon(35%)
 Cabernet Franc(15%)

【香り】甘めだけど、スパイシー

【色】薄いピンクに近い赤紫

【味】酸味のある甘さ。薄い

【タンニン】2

【酸味】4

【果実味】2

【甘み】4

【ボディ】超さっぱり

【Alc】12

【マリアージュしたい料理】スペアリブ

【格付け】Appellation Bordaux Controlee

【価格】1,200

【My favorite Rank】3


2016年8月25日木曜日

Mas Oliveras Tinto

マス オリヴェラス


【ヴィンテージ】2013

【種類】赤

【生産者】1898 Ramon Roqueta(Bodegas Roqueta)

【生産地】
 Cataluna Mediterranean Region Spain
 マンレーサ,カタルーニャ州,スペイン

【ぶどう】テンプラニーリョ(100%)

【香り】芳醇でスパイシー

【色】ガーネット、濃い目の赤紫

【味】辛口だけど香りがGood

【タンニン】4

【酸味】4

【果実味】3

【甘み】3

【ボディ】重め

【Alc】13.5

【マリアージュしたい料理】牛肉

【格付け】DO カタルーニャ

【価格】1,836

【My favorite Rank】5


シャブリとのマリアージュ

【シャブリと言えば生牡蠣】

「シャブリと言えば生牡蠣」っと、よく言われますが、まだ新鮮な牡蠣が手に入らなかった時代に、酸味の強いシャブリには殺菌効果があると信じられていたことと、パリでシャブリが大流行したことがいわれらしいです。

当時からブルゴーニュのワインを飲むということは一種のステータスだったみたいで、「牡蠣にはシャブリ」というブームが起きたということらしいです。

ミネラルたっぷりのシャブリには牡蠣がよく合いますが、生牡蠣には、リッチな果実味が感じられるシャブリや、樽の風味がある上級のシャブリよりも、普通のシャブリのほうがよく合うみたいです。

上級のシャブリには、バターでソテーした牡蠣や海老が合うみたいです。

2016年8月24日水曜日

「テロワール」ってな〜に?

テロワール

ぶどう栽培に関わる気候条件や日当たり、土壌などの栽培条件だそうです。

ワインって、その土地、風土を感じられるので楽しいですよね。
なんだか、世界旅行している気分になりますよね。

香りを感じ、味を感じ、世界を感じる。
そして、人と語らい、ネットワークが生まれる。

私は、まだまだ狭い世界。
これから、もっともっと広げていきたいですね。

2016年8月22日月曜日

サントネージュ Rela

Sant Neige Rela


【種類】赤

【生産者】Asahi

【生産地】山梨,日本

【香り】ぶどうジュース

【色】ちょっと濃いめのルビー

【味】甘い

【タンニン】2

【酸味】2

【甘み】4

【ボディ】軽い

【Alc】1

【My favorite Rank】1


2016年8月21日日曜日

LAS BANDERAS DEL BRUCH


【ヴィンテージ】NV

【種類】赤(VINO TINTO)

【生産者】Vinicola del Pais

【生産地】スペイン

【ぶどう】Carinena(カリニェナ)
     Monastrell(モナストレル)
     Tempranillo(テンプラニーリョ)

【香り】フルーティ

【色】ルビー

【味】甘くてすっきり

【タンニン】3

【酸味】4

【果実味】2

【甘み】3

【ボディ】重め

【Alc】12

【マリアージュしたい料理】つまみ

【価格】1,404

【My favorite Rank】3


2016年8月14日日曜日

Pintia

ピンティア


【ヴィンテージ】2006

【種類】赤

【生産者】Bodegas y Vinedos Pintia

【生産地】スペイン/カスティヤ・イ・レオン州

【ぶどう】ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%

【香り】濃厚なフルーツ味

【色】ほとんど黒

【味】こってりでスパイシー、そして辛口

【タンニン】4

【酸味】2

【果実味】2

【甘み】3

【ボディ】フルボディ、こってり。

【Alc】14.5

【マリアージュしたい料理】肉料理

【格付け】DO トロ

【価格】9,720

【My favorite Rank】5

【Recommend Point】
 フルーティーだけど濃厚、そして、マイルド。
 のどに優しく浸透します。



2016年8月13日土曜日

Macan Clasico

マカン クラシコ


【ヴィンテージ】2010

【種類】赤

【生産者】Benjamin Rothcchild y Bodegas Vega Sicillia

【生産地】Rioja,Spain

【ぶどう】テンプラニーリョ(100%)

【香り】スパイシー&フルーティ

【色】すごく濃いガーネット

【味】さっぱりしているけど辛くて甘い。そしてマイルドな口当たり。

【タンニン】3

【酸味】3

【果実味】3

【甘み】3

【ボディ】フルボディ

【Alc】14.5

【マリアージュしたい料理】デザート

【格付け】DOCa リオハ

【価格】6,010

【My favorite Rank】5

【Recommend Point】
 しっとりと、舌にまとわりつくような優しい感じを楽しんでくださいな。


シャブリとは…

【シャブリ/Chablis】

辛口白ワインの代名詞。
キレがよく爽快で上品。

代表的な産地=ブルゴーニュ

◆最北の産地
冷涼な気候のため、しっかりとした酸が生まれる。
食欲が落ちる暑い季節でも、酸味が口中をリフレッシュ、食事をより美味しく感じさせてくれます。

◆ミネラル豊富な土壌
古代は海だったといわれる地層。
牡蠣などの貝殻のミネラルが含まれる石灰質の土壌。

◆魚介類や野菜との相性抜群
独特のテロワールを最大限に表現するため、ステンレスタンクで醸造される。
シャルドネのピュアで瑞々しい味わいが引き立つシャブリは、初夏から夏にかけて旬を迎える魚介類や野菜との相性が抜群。


【シャブリ/Chablis 格付】

◆プティ・シャブリ
シャブリに比べると価格が手頃。
シャブリよりずっと広範囲の「プティ・シャブリ」と認定された区画のぶどうを使用。
さっぱりとした味わい。

◆シャブリ
プティ・シャブリと比べ丘に位置する畑が多いので、ぶどうが熟しやすく、よりしっかりとしたシャブリらしい味わいが楽しめる。

◆1er Cru = 1級
シャブリの中でもより限定された区画で、多くは南向き。
ぶどうはよく熟すため、より芳醇な果実味がある。
現在、40種のプルミエ・クリュがあり、畑による個性もさまざま。

◆Grand Cru = 特級
シャブリの最高峰、「Grand Cru = 特級」は、非常に限られた主に南向きの区画で栽培。
その広さはシャブリ全体の1/30ほど。
現在、7種のグラン・クリュが認定されている。
10年以上の長期熟成が可能。
若いうちはミネラルが強く味わいが硬いこともある。
少し寝かせてから楽しみたいとっておきのワインです。

2016年8月12日金曜日

Cadet d'Oc Cabernet Sauvignon

カデ・ドック カベル・ソーヴィニヨン


【ヴィンテージ】2014

【種類】赤

【生産者】Baron Philippe de Rothschild

【生産地】Languedoc-Roussillon , France

【ぶどう】Cabernet Sauvignon

【香り】甘めの優しい香り

【色】濃い赤紫/ガーネット

【味】マイルド

【タンニン】2

【酸味】2

【果実味】4

【甘み】4

【ボディ】重め

【Alc】13

【価格】1,296

【My favorite Rank】4


【メモ】
1853年、ナタニエル・ド・ロスチャイルド男爵がポイヤック村のシャトーを購入。
シャトー・ムートン、ロスチャイルドと改める。そして、ひ孫のフィリップ男爵が、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドにした。
1924年、ボルドーでは樽でワインを売るのが主流だったが、瓶詰めしてラベルを貼って販売。1946年からは、ムートンのラベルはアーティストに依頼している。

2016年8月11日木曜日

CERMENO TINTO

セルメーニョ ティント


【ヴィンテージ】2013

【種類】赤

【生産者】BODEGAS COVITORO

【生産地】スペイン/カスティヤ・イ・レオン州

【ぶどう】ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%

【香り】スパイシー/柑橘系

【色】濃い目のルビー

【味】フルーティ&渋め

【タンニン】3

【酸味】4

【果実味】2

【甘み】2

【ボディ】重め

【Alc】14.5

【マリアージュしたい料理】肉料理

【格付け】DO トロ

【価格】1,728

【My favorite Rank】4


2016年8月10日水曜日

Fleur de Saint-Sulpice Gaillac

フルールド・サンシュルピス ガイリャック


【ヴィンテージ】2013

【種類】赤

【生産者】

【生産地】Gaillac,France

【ぶどう】

【香り】ややフルーティー

【色】濃い赤紫

【味】ちょっと甘め

【ボディ】やや重め

【Alc】12

【マリアージュしたい料理】肉料理

【格付け】Appellation Gaillac Controlee

【My favorite Rank】4


Torres Vina Esmeralda

トーレス ビニャ・エスメラルダ


【ヴィンテージ】2013

【種類】白

【生産者】TORRES

【生産地】Cataluna , Mediterranean Region , SPAIN

【ぶどう】ミュスカ
     ゲヴュルツトラミネル

【香り】さっぱり

【色】透明に近い薄い黄色

【味】フルーティ、すっきり

【タンニン】

【酸味】3

【果実味】3

【Alc】11

【格付け】DENOMINACIO D’ORIGEN

【価格】1,620

【My favorite Rank】2


【メモ】
1870年にハイメ・トーレス・ベンドレル兄弟が設立。ペネデスで140年以上の名門。
伝統と科学をともに尊重。テロワールに合ったぶどう栽培している。
牛のマスコットが象徴。

2016年8月7日日曜日

TERREFORTES DU PLATEAU

テルフォルト・デュ・プラトー


【ヴィンテージ】2011

【種類】赤

【生産者】Terreforts du Plateau

【生産地】Madiran,Sud Ouest,France

【ぶどう】
 Tannat(50%)
 Cabernet Sauvignon(40%)
 Cabernet Franc(10%)

【香り】フルーティ/芳醇

【色】濃い目の赤紫

【味】辛め

【タンニン】2

【酸味】2

【果実味】3

【甘み】3

【ボディ】重め

【Alc】13.5

【マリアージュしたい料理】肉

【格付け】APPELLATION MADIRAN CONTROLEE

【価格】1,058

【My favorite Rank】4


2016年8月6日土曜日

Farm.ワインオープナー クイッククリック

【ホイルカッターが付いているのがいいですね】

ワインを嗜むようになり、なにかとグッズが気になるようになってきました?
先日、紹介したワインツール4点セット。
ソムリエナイフなど意識して使っています。

そして、もっと、便利なソムリエナイフは、ないのだろうか?
いろいろ調べると、ほんといっぱいありますね。
見ているだけで楽しくなっちゃいますよね。

ところで…。

ワインの詮にかぶっている、ホイル or ビニール。
これ、手ごわくないですか?
なかなかうまくとれないんですよね。

ということで、その辺も含めて、いろいろ、探しました。

そして見つけたのが、「Farm.ワインオープナー クイッククリック」。

さっそく、買っちゃいました。


ソムリエナイフとホイルカッターが合体。
すばらしい、発想!
すごく合理的なコラボ!!

さらに、またまた、ビックリ!
ワンプッシュで、スクリューとレバーがスタンバイ。

思わず、動画も撮影しました。


画期的だと思いません?

ひとつ持っていて損はない。買ってよかった。
そんな商品だと思いました。

立山ワイン

Tateyama wine


【ヴィンテージ】2013

【種類】赤

【生産者】ホーライサンワイナリー

【生産地】富山市婦中町,日本

【ぶどう】ベリーA

【香り】フルーティー

【色】ピンクがかった紫

【味】甘め

【タンニン】2

【酸味】2

【果実味】4

【甘み】4

【ボディ】軽め、ミディアム

【Alc】12

【マリアージュしたい料理】かき氷、バニラアイス

【価格】1,500

【My favorite Rank】3

<Recommend Point>
ちょっと甘めで、フルーティ。
重さはなく、軽めの赤ワインですね。


2016年8月3日水曜日

ワインを育む、ぶどうと風土

【ぶどう栽培の基本情報】
ワインは50カ国以上で造られている。
はてさて、そんな、ぶどうはどんな地域で栽培されるのか?
気になったんで、ちょいと調べてみました。

ぶどうは比較的、温暖な地域が栽培に適しているようです。

適している条件は、年間平均気温は10〜20℃。開花から収穫までに日照時間が1,250〜1,500時間。年間降水量が500〜800㎜。

なんだか、さっぱりわかりませんね。
ということで、主要国のワインには、どんな特徴があるのかなっ?っと思いました。

【フランス】
全土で多種多様なワインが造られ、紀元前からワインが造られている国。
三大産地はボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ。
一般的に、ボルドーは平坦な地形で造られるので繊細で女性的。
ブルゴーニュは変化に富んだ地形、土壌で造られるので香りが華やかで男性的。
ほかにもロワール、アルザス、コート・デュ・ローヌなど有名産地が多い。

【イタリア】
ワインの生産量は世界一。
全土がぶどう栽培に適している。
ワイン用の品種だけで約200種類のぶどうが栽培されている。
南北に長い国なので、かなり風土に違いがあるのでバラエティーに富んでいる。

有名どころは…。
ヴェネトのソアヴェ。
ピエモンテのバローロ、バルバレスコ。
トスカーナのキャンティ。

【スペイン】
スペインの代表ワインはシェリー。
ワインにブランデーを添加した酒精強化ワイン。
1500年代にイギリスで人気が出た。

とはいっても、シェリーの国内生産量はワイン全体の10%。90%はワインとスパークリングワインですって。